コスパ最強のHMBサプリ3選(配合量3000mg/1日当たり)

HMB+VD3

HMB+VD3 商品画像

103.81円その他の健康成分:ビタミンD、カルシウム等

協和食研究HMBタブレット

協和食研HMBタブレット 商品画像

118.33円その他の健康成分:HMBカルシウム等

バルクスポーツHMBタブレット

バルクスポーツHMBタブレット 商品画像

162.86円その他の健康成分:記載なし

HMB ZINE~筋トレ効果を実感するサプリ選び攻略法~
HMB ZINE~筋トレ効果を実感するサプリ選び攻略法~ HMB ZINE~筋トレ効果を実感するサプリ選び攻略法~
HMB ZINE~筋トレ効果を実感するサプリ選び攻略法~ » ネットで気軽に買えるHMBサプリ一覧 » 協和食研 HMBタブレット

協和食研 HMBタブレット

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE

Amazonでのネット販売をメインにHMBサプリメントを提供する協和食研。商品の特徴について、情報をまとめてみました。

協和食研のHMBタブレットはどんな商品?

協和食研HMBタブレット

引用元: 協和食研
https://kyowashokken.co.jp/商品

販売価格(税込) 通常:3,550円
定期:-
※通販サイトのAmazonの定期おトク便使用で5%・10%の割引が可能
HMBの成分量
(1商品当たり/1日当たり)
1商品あたり:90000mg
1日あたり:3000mg
その他の健康成分

原料にこだわりをもつ協和食研HMBタブレット

協和食研が製造・販売する「協和食研HMBタブレット」は、国産の原材料にこだわった安全性確かなサプリメントです。HMB以外の成分には。錠剤の形成に結晶セルロースとステアリン酸カルシウムが使われています結晶セルロースは食物繊維の一種で、体内に取り入れても問題はありません。

ステアリン酸カルシウムも、科学的に安定している物質のため製剤の原料として多くのサプリメントに使われています。HMB以外の余分な健康成分は配合していないため、HMBの効果を大きく期待できるサプリメントです。1日6~12粒を飲むようにすすめられており、レンズ型の錠剤で大きさは直径10mm・高さ6mmと通常のお薬と変わらない大きさ。甘味料は配合しておらず、独特な苦みがあります。パッケージをシンプルにして広告費を抑えているため、オトクな価格で購入可能です。

国産HMBサプリと海外産HMBの違いは?

HMBが知られるようになってからは需要が拡大し、海外では不純物が除去されていないサプリメントを販売するところもあるようです。

不純物を取り除いていないHMBカルシウムは酪酸やジオール酸などのにおい成分が残っており、味の悪さや異臭が目立つという問題がありました。

国産のHMBサプリメントは不純物をしっかり取り除く技術を確立し、純度の高いHMBカルシウムを配合したものがほとんど。「協和食研HMBタブレット」のように、すべて国産の素材を使った安心して飲める製品も販売しています。

しかし、HMBの純度や製造国によって効果が変わるという研究データは見つかりませんでした。

協和食研「HMBタブレット」のタブレットの大きさ引用元:amazon
(http://amzn.asia/iQCSu1e)

「協和食研HMBタブレット」のタブレットのサイズは、直径10ミリで高さは6ミリのようです。飲みやすさとしては、頭痛薬などの市販薬と変わらないと考えられます。

協和食研のHMBタブレットの口コミ

飲み方・飲みやすさ関する口コミ

男性アイコン1

プロテインと違って携帯しやすい

いつでも飲めるように常に持ち歩いています。プロテインは粉を水で溶かして飲む必要がありますが、サプリメントなら手軽に摂れるので、続けやすいです。ジム通いによっては、これほどうれしい商品はありません。
男性アイコン2

筋トレ時に欠かさず飲んでいます

筋トレ前後に摂取しています。HMBタブレット単体だけでなく、たんぱく質の仲間で筋肉のなかでエネルギーに変わるクレアチンと一緒に摂ることが多いです。味が苦いと聞いていたのですが、プロテインを飲み水代わりにしているので、あまり気になりません。
男性アイコン1

いつもよりトレーニングを頑張れます

これを飲んでからトレーニングすると、自分を追い込める気がします。飲まないときよりも頑張れるのが良いですね。HMBを飲んでからやるといつもより負荷のかかる運動ができるので、継続購入しています。
男性アイコン2

一番飲みやすいサプリ

色々とサプリを試してきましたが、カルシウムが配合されているだけでなく、何より錠剤が飲みやすくて感動しました。錠剤が苦手で、大きいものや角張ったものはダメなのですが、これなら飲みやすくて続けられそうです。
男性アイコン1

味で成分を実感している

1日12粒のHMBタブレットを毎日摂取しています。錠剤は小さめで飲みやすいものの、舌に載せるとほんの少しだけ苦味を感じる気もします。ですが、そもそもHMBは苦味のある成分なので、むしろ高純度の配合がされている証だと思います。
男性アイコン2

気付けばもう4ヶ月

錠剤のサイズが小さめなので、とても飲みやすく、また国産原料を使われた日本製サプリという安心感もあります。飲み始めてからあっという間に4ヶ月目(1日12粒)。効果を実感している毎日です。

価格に関する口コミ

男性アイコン1

効果を感じやすく、コスパも良い商品です

筋トレの30分前に4粒、筋トレの30分後に4粒ずつ飲んでいます。人によるとは思いますが、個人的には効果があると感じました。360粒入って3,000円弱とコスパが良いため、試す価値はあると思います。
男性アイコン2

アルギニンと併用して飲んでいます。

HMBサプリには安いものも多いのですが、国産原料で3,000円くらいの値段はなかなか売っていないと思います。私はトレーニングジムの後に毎回飲んでいますが、アルギニンと併用するほうがより効果がある気がしますね。
男性アイコン1

コスパが抜群

タブレットのサイズが飲みやすい大きさなので、私の細い喉にも負担をかけずに飲み込むことができます。国産原料を使っている点も安心ですね。また、私は1日6粒で効果を感じられており、コスパも良いと思います。
男性アイコン2

安心で安価がグッド

サプリの値段が安いことは大切ですが、口に入れる食品である以上、ただ単に安いだけで安心できなければ意味がありません。協和食研のHMBタブレットは、国産サプリなので安心感が高く、本当に価値があると思います。

協和食研HMBタブレットの口コミ・評判総評

協和食研HMBタブレットを使っている方は、トレーニングの前後に飲んでいることが多いようです。国産原料で値段が安いのも魅力。効果があるという口コミが多く、コストパフォーマンスの高い製品といえるでしょう。

「協和食研 HMBタブレット」の正しい飲み方

「協和食研 HMBタブレット」の正しい容量

協和食研ではHMBタブレットを飲む場合、1日6~12粒を目安に水かぬるま湯で飲むことをすすめています。

1粒あたり250mgのHMBカルシウムが含まれているので、6粒飲めば1.5g、12粒飲めば3gのHMBカルシウムをとれます。

必要な量に合わせて摂取するのが良いでしょう。

「協和食研 HMBタブレット」を服用するおすすめのタイミング

サプリメントを服用する際は消化機能が活発になっている食後がベストタイミング。毎食後に1日分の1/3を摂ると良いでしょう。

また、トレーニングの前後もおすすめです。運動する30分前に摂取することで、成分が身体にとりこまれた状態になります。そのため、HMBの効果がより現れやすくなるでしょう。

協和食研のHMBタブレットの製造・販売元

「協和食研HMBタブレット」は協和食研株式会社が製造しています。2011年に設立された会社です。サプリメントはもちろん、健康食品の原料を卸売りや小売りを行なっています。

取り扱っている商品には、精力剤にも使われるアレルギニンを飲みやすくしたアレルギニン・ドリンクパウダーや肝機能や免疫力を高める有機田七人参を使用したピュアタブレット・ピュアパウダーを販売。国産や有機農法で作られた原材料を使用しているため、安全性が確かです。

協和食研のHMBタブレットを販売しているECサイト

amazon 楽天市場 その他
× Yahoo!ショッピング

協和食研のHMBタブレットを定期購入する方法

協和食研のHMBタブレットは、通販サイトのAmazonでのみ販売のようです。楽天やほかのECサイトでは販売が確認できませんでした。定期購入を利用する場合は、Amazonの「定期おトク便」サービスを利用することになります。同じ月に同一住所へ3件以上の商品を配送するさいに適用されるサービスです。通常価格は3,550円ですが、Amazonのセールを利用すればオトクに購入することができます。

協和食研のHMBタブレットのまとめ

まとめると安心で飲みやすく価格も安いコストパフォーマンスに優れる商品ということがわかります。

自身の体を変えたいと本気で思っている方はHMBサプリの摂取をおすすめします。

現在自分が行っている運動やトレーニングをより効率化させるためにも検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトではHMBサプリをできる限り紹介し、本当に最強のコストパフフォーマンスを誇る商品を紹介しています。

気になる方は必ずチェックしてみてください!

B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
B!ブックマーク Twitter Facebook LINE
3000mgあたりの価格で選んだおすすめHMBサプリ

配合量3000mgあたりの
価格が安いHMBサプリ

HMB+VD3

配合量3000mg
あたり

103.81

公式サイト

協和食研HMBタブレット

配合量3000mg
あたり

118.33

公式サイト

バルクスポーツHMBタブレット

配合量3000mg
あたり

162.86

公式サイト

ナウスポーツ HMB

配合量3000mg
あたり

199.00

公式サイト

Optimum Nutrition HMB 1000キャップス

配合量3000mg
あたり

201.47

公式サイト

もっと詳しく見る

配合量3000mgあたりの
価格が安いHMBサプリ

HMB+VD3

HMB+VD3 商品画像

引用元:三洋薬品(http://www.sanyo-yakuhin.net/?pid=131436226)

配合量3000mgあたり

103.81

協和食研HMBタブレット

協和食研HMBタブレット 商品画像

引用元:協和食研公式サイト(https://kyowashokken.co.jp/商品/)

配合量3000mgあたり

118.33

バルクスポーツHMBタブレット

バルクスポーツHMBタブレット 商品画像

引用元:バルクスポーツ公式サイト(https://www.bulksports.com/amino/hmb_tabs/)

配合量3000mgあたり

162.86

ナウスポーツ HMB

ナウスポーツ HMB 商品画像

引用元:iHerb(https://www.nowfoods.com/sports-nutrition/hmb-500-mg-veg-capsules)

配合量3000mgあたり

199.00

Optimum Nutrition HMB 1000キャップス

Optimum Nutrition HMB 1000キャップス 商品画像

引用元:Optimum Nutrition公式サイト(https://www.optimumnutrition.com/en_US/products/hmb-1000-caps#xEdwlUDwmSKPvDQK.97)

配合量3000mgあたり

201.47

サイトマップ

Copyright (C)HMB ZINE~筋トレ効果を実感するサプリ選び攻略法~ All Rights Reserved.